2013年2月19日

佐藤すみれが未来のネ申7入り宣言!?小林よしのり、宇野常寛、浜野智史が叫ぶ「すーちゃん、エンダンが君の選挙対策本部だ!」

この日のゲストは先週に引き続き、「AKB48白熱論争」から小林よしのり先生(漫画家・今日もすみれ色を着用)、宇野常寛さん(批評家)、濱野智史さん(社会学者)。

まずはこの日、ヤフーTOPにニュースが載ったすーちゃんの「ホリプロAKB撤退説」全否定ツイートについて。何とこちら1434リツイート!番組内でもキッパリと「私はAKBを辞めません!」と高らかに宣言。ゲストの3人からは「おぉ〜」と声が漏れ、拍手が起こりました。

佐藤すみれ応援コーナー「すみレボリューション」のコーナーでは、すーちゃんの新ギャグを考えました。

・すみレッツ!

・すーメロメロビーム

・すみレッグ〜

など、一体いつ披露されるのか、実に楽しみです。

そして新ギャグを提案した後、異常に照れるよしりん先生と爆笑する白熱ヤングチーム。漫画でのギャグのつくり方の話、非常に興味深かったです。

「白熱生論争」のコーナーでは、【そもそもAKB48にハマったきっかけ】の話。

宇野さんにキッカケはドラマ「マジすか学園」。ドラマの中の前田敦子さんを真似て、本気を出すときにメガネを外すアクションをするようになったとか。

小林先生のキッカケは「RIVER」という楽曲。いたいけな少女達が真摯な歌詞を歌っている姿に心打たれ、ミュージックビデオにもハマったそうです。そこから今ではHKT全員を我が子のように思っているそうです。でも「さっしーは違う!」そうです。

濱野さんのキッカケは「小林さん、宇野さんのハマっているのを見て」。ゲストの中で一番ハマったのが遅いという濱野さんですが、現在のハマり度はダントツ。この日、エンダンの前に秋葉原で行われていたNOTTV「AKB48のあんた、誰?」にも足を運んでいたようです。

そして終盤にテーマは「将来のネ申7」の話に。小林&宇野&濱野&やついの檄に応え、すーちゃんからは「ネ申7に入りたい!」とド熱い宣言が!!!!!!

宣言を聞き、盛り上がる男性陣一同。「夢を口にできないやつに夢は叶えられない!」「俺たちが全力で応援するよ!」とボルテージは最高潮に。その様子はさながら若き姫の奮起に盛り上がる家臣たちのよう。「俺たちとエンダンがすーちゃんの選挙対策本部ですよ!」とまで宇野さんが言い出す始末。

番組の最後に恒例となった今日一番AKB愛があった人を発表。今回は、マイメロのペンをプレゼント(公私混同)が功を奏したのか、先週の最下位から奇跡のブチ抜き逆転で濱野さんが第1位でした。

今回ご出演しなかった中森さん含め白熱論争の皆さんとエンダンの、すーちゃん応援プロジェクトはまだまだ始まったばかりです。

 

番組中のツイッターまとめはコチラ→http://togetter.com/li/459069

この前の週も盛り上がったお!→https://endan.tv/detail/topic_detail/20130212


関連記事

エンダンまとめ最新記事

エンダンまとめ人気記事